本を読む
このコーナーではホームページで紹介している各書籍が購入できる複数のネット書店へのリンクを提供しています。

博士の愛した数式

博士の愛した数式
博士の愛した数式
ISBN:9784104013036
小川 洋子
博士の愛した数式
アマゾンのページを見る


アマゾンKindleStoreでの検索結果

博士の愛した数式 - 書評

映画にもなった「博士の愛した数式」で一躍有名になった小川洋子ですが、意外と動物マニアなんじゃないかと思っています。

まずは本題の「博士の愛した数式」の方ですが、こちらは80分しか記憶のもたない老数学者と、そこに通うシングルマザーの家政婦とその子供の交流を描いた話です。

数字に対して異常な愛情をいだく数学者の語る数字についての話は、数学嫌いの私に、ああ数学っておもしろいんだなと思わせるほど説得力があります。
その博士が家政婦の子供にみせる愛情。不器用ながらも誠実で心があったまります。
ものすごいドラマがあるわけではありませんが、淡々とした日常がよかったです。

すっかりファンになって次に薦められて読んだのが「ブラフマンの埋葬」です。

ブラフマンの埋葬
小川 洋子

これはブラフマンと名づけられた何かの動物(作品の中では明かされていない)を保護している間の主人公のひと夏の出来事を綴ったものです。
ブラフマンは実に感情豊かな動物で、甘えたりいろいろ悪さをしたりして僕を悩ませるのですが、僕は愛情深く面倒をみてやります。
けれど結局死んでしまうのでタイトルとなるわけです。

どこの国かと思うようなちょっと幻想的な土地が舞台で、森に住み、水で泳ぐ動物っていったいなんだろうと、はっきりいってそればっかりだったんですが。

今日の朝刊で「ミーナの行進」が紹介されていました。
内容紹介を読むと今度はコビトカバが出てくるらしいです。
小川洋子のあの透き通ったような世界の中で、コビトカバはどうやって登場するんだろうと、また気になっています。
ミーナの行進
小川 洋子, 寺田 順三

他のオンライン書店で探す

本書を各オンライン書店で探すことができます。洋書の場合はアマゾン、楽天ブックスと紀伊國屋書店での扱いのみ、中古品の扱いはアマゾンとブックオフオンラインとなります。


当サイトはAmazon.co.jpのアソシエイトです。

「博士の愛した数式」の関連商品

商品名をクリックするとアマゾンへ飛びます。

夜のピクニック(他の書店)夜のピクニック(アマゾン)
舟を編む(他の書店)舟を編む(アマゾン)
告白(他の書店)告白(アマゾン)
東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~(他の書店)東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~(アマゾン)
神去なあなあ日常(他の書店)神去なあなあ日常(アマゾン)
天地明察(他の書店)天地明察(アマゾン)
一瞬の風になれ 第一部 -イチニツイテ-(他の書店)一瞬の風になれ 第一部 -イチニツイテ-(アマゾン)
西欧近代を問い直す (PHP文庫)(他の書店)西欧近代を問い直す (PHP文庫)(アマゾン)
夜のピクニック (新潮文庫)(他の書店)夜のピクニック (新潮文庫)(アマゾン)
ゴールデンスランバー(他の書店)ゴールデンスランバー(アマゾン)
本を読むブログ
Copyright© 有限会社人の森. All rights reserved.