本を読む
このコーナーではホームページで紹介している各書籍が購入できる複数のネット書店へのリンクを提供しています。

僕らが死体を拾うわけ 僕と僕らの博物誌 (ちくま文庫)

僕らが死体を拾うわけ 僕と僕らの博物誌 (ちくま文庫)
僕らが死体を拾うわけ 僕と僕らの博物誌 (ちくま文庫)
ISBN:9784480428011
盛口 満
僕らが死体を拾うわけ 僕と僕らの博物誌 (ちくま文庫)
アマゾンのページを見る




アマゾンKindleStoreでの検索結果

僕らが死体を拾うわけ 僕と僕らの博物誌 (ちくま文庫) - 書評

ミステリー小説かと思うようなタイトルですが、内容はサブタイトルにあるような「博物誌」。生き物を愛する人、と言うよりも、やはり雑学、生物学、博物学を愛する人、ナチュラリストにお勧めの本です。生き物好きと言っても、タヌキの死体を煮込んで骨格標本を作るような話なので少々凄まじい。「メダカを飼っています」「昆虫標本作っています」という話とはちょっとサイズが違いますが、それもそのはず。著者は学校の先生で、理科準備室という秘密基地を備えているのですから。多くの生き物好き少年が普通の社会人になっていく中で、やりたかったことを続けてしまったこの人は幸せなんでしょうね。

他のオンライン書店で探す

本書を各オンライン書店で探すことができます。洋書の場合はアマゾン、楽天ブックスと紀伊國屋書店での扱いのみ、中古品の扱いはアマゾンとブックオフオンラインとなります。


当サイトはAmazon.co.jpのアソシエイトです。

「僕らが死体を拾うわけ 僕と僕らの博物誌 (ちくま文庫)」の関連商品

商品名をクリックするとアマゾンへ飛びます。

骨の学校―ぼくらの骨格標本のつくり方(他の書店)骨の学校―ぼくらの骨格標本のつくり方(アマゾン)
ホネホネ博物館 (生きもの好きの自然ガイド このは No.8)(他の書店)ホネホネ博物館 (生きもの好きの自然ガイド このは No.8)(アマゾン)
標本の作り方―自然を記録に残そう (大阪市立自然史博物館叢書)(他の書店)標本の作り方―自然を記録に残そう (大阪市立自然史博物館叢書)(アマゾン)
骨の学校〈3〉コン・ティキ号の魚たち(他の書店)骨の学校〈3〉コン・ティキ号の魚たち(アマゾン)
生き物の描き方: 自然観察の技法(他の書店)生き物の描き方: 自然観察の技法(アマゾン)
骨の学校〈2〉沖縄放浪篇(他の書店)骨の学校〈2〉沖縄放浪篇(アマゾン)
ドングリの謎: 拾って、食べて、考えた (ちくま文庫)(他の書店)ドングリの謎: 拾って、食べて、考えた (ちくま文庫)(アマゾン)
教えてゲッチョ先生!雑木林は不思議な世界 (Outdoor21 Books)(他の書店)教えてゲッチョ先生!雑木林は不思議な世界 (Outdoor21 Books)(アマゾン)
[カラー版]昆虫こわい (幻冬舎新書)(他の書店)[カラー版]昆虫こわい (幻冬舎新書)(アマゾン)
アジサイはなぜ葉にアルミ毒をためるのか (樹木19種の個性と生き残り戦略)(他の書店)アジサイはなぜ葉にアルミ毒をためるのか (樹木19種の個性と生き残り戦略)(アマゾン)
Copyright© 有限会社人の森. All rights reserved.