本を読む
このコーナーではホームページで紹介している各書籍が購入できる複数のネット書店へのリンクを提供しています。

ネパールの政治と人権 (世界人権問題叢書)

ネパールの政治と人権 (世界人権問題叢書)
ネパールの政治と人権 (世界人権問題叢書)
ISBN:9784750322797
マンジュシュリ タパ
ネパールの政治と人権 (世界人権問題叢書)
アマゾンのページを見る


アマゾンKindleStoreでの検索結果

ネパールの政治と人権 (世界人権問題叢書) - 書評

この本、友人が訳したのを機会に手にとりました。
僕はかつてネパールに2年間暮らしたことがあります。王制が強くて時代錯誤的な面は当時でもありましたが、それでも平和な国というイメージが強くあります。
それが先代の王の王子の犯行とされる銃の乱射事件で王が交代、端緒に着いたばかりの議会制民主主義は人望がない新しい王の下で停止させられてしまいました。
さらにマオイストの武装活動は全土で荒れ狂い、かつての平和だった地は、争いと抑圧の地へと変わり果ててしまったようです。
かつてネパールの田舎にいたときに、銃を乱射したと伝えられる王子や王妃が訪問され、その地にいる唯一の外国人ということで、歓迎の列に並ばされて挨拶したことがありました。当時はまだ少年だった王子の行く末がこのようなものになるとは・・・
この本は、そうした現状をネパール人の手によって描いたものです。外国人が思い入れを持って書いたネパールに関する本は五万とありますが、ネパール人自身が書いたもの、日本語になっているものはほとんどありません。ネパールの今を考えるためには必読の一書といえるでしょう。

他のオンライン書店で探す

本書を各オンライン書店で探すことができます。洋書の場合はアマゾン、楽天ブックスと紀伊國屋書店での扱いのみ、中古品の扱いはアマゾンとブックオフオンラインとなります。


当サイトはAmazon.co.jpのアソシエイトです。

「ネパールの政治と人権 (世界人権問題叢書)」の関連商品

商品名をクリックするとアマゾンへ飛びます。

ネパール王制解体―国王と民衆の確執が生んだマオイスト (NHKブックス)(他の書店)ネパール王制解体―国王と民衆の確執が生んだマオイスト (NHKブックス)(アマゾン)
Copyright© 有限会社人の森. All rights reserved.