黒豆式。食材ネット通販の鉄板セオリー14

黒豆式。食材ネット通販の鉄板セオリー14」がFacebookで友人が紹介していたので取り寄せて読んでみました。「ネット通販のセオリー」として読むと、特に目新しいことはなく、他の本でも得られるような知識しかありません。

一方、「食材通販」の本として読むと、この本の著者が書こうとしていることが必ずしも「ネット通販」ではないことが見えてきます。

多分出版社が読者受けしそうなタイトルを付けたのでしょうけど、ネット通販も含めた「食材のいまどき通販のセオリー」とでも名付けた方が適切なような気がします。

では、通販やマーケティングの本として読むと、知識を他からも豊富に仕入れている人が読んだら「どこかで聞いた話ばかり」だと思いますが、「これ一冊しか読んでいない」人には、うまくまとめられた本だと思います。

100円のコーラを1000円で売る方法 マーケティングがわかる10の物語

飛行機の中で読もうと思って「100円のコーラを1000円で売る方法 マーケティングがわかる10の物語」という本を書店で購入しました。

一つにはマダガスカルまでのフライトが長いので、機内での暇つぶし。もう一つは、研修などでマーケティングのコンセプトをわかり易く説明するネタにならないかな、という期待。

まず暇つぶしとしては、わかりやすい本である一方、日本のビジネス本にありがちですが、話が浅くてすらすらと読め過ぎ。空港の待ち時間内に読み終わりそうで、焦ってしまいました。

マーケティングをほとんど勉強したことがない人には役に立つでしょう。実際のマーケティングや商品開発で必要なコンセプトがシンプルにまとめられています。分厚いマーケティングの本とか読まなくても、多くの重要なコンセプトがわかり易くまとまっていますからお勧めです。

ただし、マーケティングをある程度勉強したことがある人は、知識を得ようとして読んでも多分無駄です。この本だけのオリジナルな考え方、というのはほぼ皆無ですから。事例演習的になら読めないこともないとは思いますが、それよりも自分の周囲の例を分析してみる方が役に立つかも。

ストーリー仕立てですから、読みやすいですが、話としてはちょっとキャラクター設定等に難あり。まあ著者は小説家ではありませんから、登場人物にリアリティーが欠けている!なんていう評価は、この本には不適切でしょうけど。

実践的オンラインマネー獲得法―あなたのサイトにジャンジャンお金が流れ込む!!

実践的オンラインマネー獲得法―あなたのサイトにジャンジャンお金が流れ込む!! ロバート・G. アレン
ロバート・G. アレン
東急エージェンシー出版部 2003/01
定価:¥ 1,785

その名のとおり、インターネットを利用して儲けるための本。ただし英語のタイトル「Multiple Streams of Internet Income」の方が、当たり前のことながら内容に近いと言えます。

つまり、単なる「儲け方」の本というよりも「いろいろな儲け方の本」と解釈する方が実態に近いし、またアメリカと日本との違いはあるものの、それぞれの方法で儲けている人の実例が出ているのは参考になります。

また他の「インターネットで儲けよう」というほんとの違いは、インターネットを「多くの顧客を呼び込むために使う」だけに使うのではなく、そこから顧客のロイヤルティーをどう引き出していくか、という、まさにマーケッティングのノウハウや意義について書かれている点でしょう。自分のコンテクストではどうすればよいかを考え、実行に移すと非常に効果的であると思います。

ネットコミュニケーション&ライティングの技術

ネットコミュニケーション&ライティングの技術
藤田 幸江
明日香出版社 2005/02/02

この本副題が「購買心理をそそる」とあります。単なるコミュニケーションではなく、「成果を出すための」コミュニケーションとライティングの技術の本です。

経験のある人には最初、「さほど目新しい話はないなあ」と思われるかもしれませんが、一読するといくつか見落としていた点を見つけられると思います。

これからネットで何らかのビジネスなどをしたい方は事前に一読を勧めます。先に読んでおけば、あとから試行錯誤をしたり、変更を加えたりする時間を大幅に減らせることでしょう。

安い投資です。