養老孟司のデジタル昆虫図鑑

日経BP社から出ている「養老孟司のデジタル昆虫図鑑」は、養老孟司さんが日本や海外で集めた昆虫標本を紹介すると共に、ヒゲボソゾウムシという目立たない虫の仲間を切り口に、生物の多様性や、それに対する人間の無関心とかを浮き彫りにしていく、という構成になっています。最初から最後まで昆虫図鑑として構成されているわけではありません。

その意味では、昆虫図鑑としては中途半端、かつ、書籍として読むにもコンテンツが不足、という結果に終わっていることは否めないと思います。装丁もしっかりしていて写真もきれいな本ですから、養老孟司の世界に触れたい人が手元に置いておくには良いかもしれません。

さて、書評としては少々不満が残る本ではありますが、写真の美しさは文句なし。小さな昆虫の隅々まできれいに撮影されています。

秘密はスキャナー。昆虫写真というと、どうしても一眼レフカメラにマクロレンズを付けた、クローズアップ撮影、いわゆる接写を思い浮かべがちですが、実は被写界深度が深いスキャナーを使用すると、かなり高精度で、光もきれいに回り込んだマクロ写真が撮影できます。

もちろん屋外で生きた昆虫の写真を撮影する、となると、スキャナーでは不可能ですが、養老先生のように昆虫標本、つまり動かないものを撮影するとなると、スキャナーが力を発揮します。

僕自身もオオクワガタのTシャツは、オオクワガタ(もちろん生きていない)をスキャナーでスキャンして作成しています。ヘラクレスオオカブトは収まりが悪いのでカメラで撮影しましたが…

僕もスキャナーの機能に注目して、トンボ玉博物館ブログでも紹介しましたが、古いトンボ玉をスキャナーで撮影して楽しんでいます。スキャナーのこうした使い方はあまり知られていませんが、もっと注目されても良いはず。ちなみにトンボ玉写真のサンプルはこちらを参照してください。facebookにアップした写真をご覧いただけます。

スキャナーにはその構造から2種類があります。CCDタイプと、CISタイプですが、昆虫やトンボ玉などの立体的なものの撮影にはCCDタイプのスキャナーが必要です。CISタイプは価格も安く、コンパクトで手軽ですが、被写界深度が浅く、書類のスキャンには向いていますが、立体物のスキャンには適していません。

カエル 育てて、しらべる 日本の生きものずかん 2

僕が運営する別サイトで「オタマジャクシの飼育」について書いていますが、そこで紹介して人気があるのがこの本、「カエル 育てて、しらべる 日本の生きものずかん 2」。僕自身は子どもたちと一緒に図書館へ行って借りてみましたが、写真も豊富で親子で楽しめる本です。

簡単なカエルの飼育方法の他に、日本のカエル全種類の紹介、世界の主だったカエルの紹介もありますから、図鑑としても楽しめます。

カエル 育てて、しらべる 日本の生きものずかん 2

このシリーズ、ザリガニやら、イモムシやら、メダカやら、結構いろいろな生き物の紹介があり、お勧めです。

 

川の生物―フィールド総合図鑑

河川環境楽園自然発見館のイベント「春の生き物探し」に参加しました。

ここで使われていて「おや?いいな」と思ったのが「川の生物―フィールド総合図鑑」。どこが良いかと言うと、魚だけでなく、ヤゴなどの昆虫や、水辺にすんでいる各種の生き物までがカバーされているのです。なんと植物、陸生昆虫、水生昆虫、魚類、鳥類、両棲類、爬虫類併せて419種のカラー写真が収録されています。

でも残念ながら絶版になっている模様。手に入らなくなる前にと、アマゾンで中古を一冊速攻で注文してしまいました。

ムツゴロウの青春記

有名なムツゴロウさんこと畑正憲氏にはたくさんの作品があります。筆者はまだあまりテレビにも出ていない初期の頃のこの人の話が好きで、以前は片端から読んでいました。全集ものみたいなのもかつて出ており、かなり揃えていたのですが、いつか海外へ出る前に人に譲ってしまいました。

読んで面白いのは、無論「ムツゴロウの動物記」みたいに動物の話を書いたものもあるのですが、「ムツゴロウの青春記」の方が、この人本来の人となりが表れているような気がして面白かったです。

さて、あまり古い本は置いておいて、もうちょっと新しい(かな?)のものとしては「動物王国オフィシャルハンドブック」なんかどうでしょうか。動物王国27年目の歴史が刻まれています。

ワンダフル・ライフ―バージェス頁岩と生物進化の物語

ワンダフル・ライフ―バージェス頁岩と生物進化の物語

スティーヴン・ジェイ グールド

バージェス頁岩というのは、ブリティッシュ・コロンビア(カナダかな?)にある古い地層の堆積岩のことで、ここから出てくる摩訶不思議な化石の話から進化の話をとき起こすのがこの本のテーマです。

バージェス頁岩から発掘されるカンブリア紀の化石には、現在のどのような生物とも似て似つかないもの、種とか属とか言ったレベルではなく、さらに上位のレベル(門とかいうレベルかな)で多様な生物層が観察されるのだそうです。つまりこの時代(前カンブリアからカンブリア)にかけての進化は、非常に高いレベルでの多様性の爆発であり、その後の進化は下位のレベルでの進化になってきたのではなかろうか、ということが言えるようです。

「カンブリア宮殿」なんていうテレビ番組もあるくらいですから、昨今はカンブリア紀の進化の爆発のこともよく知られてきているようですが、その証拠となる化石の産地がバージェス頁岩です。

とにかく古生物学に興味のある人は必読。どきどきわくわく物の本です。「バージェス頁岩と生物進化の物語」購入はこちらから。

またバージェス頁岩に関連する本としては「カンブリア紀の怪物たち」がありますのでこちらもどうぞ。

さらに「バージェス頁岩化石図譜」という化石写真集もあります。ワンダフル・ライフ―バージェス頁岩と生物進化の物語

ゾウの時間ネズミの時間 サイズの生物学

ゾウの時間ネズミの時間 サイズの生物学

本川 達雄

ゾウの時間ネズミの時間 サイズの生物学は中公新書です。あまりの面白さに私は海外の友だちにもお土産で一冊持っていってしまいました。

ゾウは数十年も生き、ネズミはせいぜいが数年、あるいはそれよりも短い時間しか生きていません。常識的に考えればゾウは長生き、ネズミは早死に、なわけですが、この本によればゾウもネズミも一生の間に心臓がうつ回数は同じなのだとか。つまりそれぞれの動物にとっての寿命は同じではなかろうか、という説です。

この着想点も面白いですし、著者の語り口も読者をひきつけます。動物好きにはぜひ手にとってほしい一冊です。

この本を絵本にした「絵ときゾウの時間とネズミの時間」も出ているようです。こちらも手にしてみたいものです。データがありませんので興味のある方はアマゾンで検索してみてください。