コンチキ号漂流記

コンチキ号漂流記

トール・ハイエルダール, 神宮 輝夫

ハイエルダールのコンチキ号漂流記は特に説明が不要なほど有名なものだと思います。

スウェーデンの考古学者ヘイエルダールは南太平洋に住む人々の起源は南アメリカにある、と考え、南アメリカでバルサのいかだ、コンチキ号を組み上げ、太平洋への漂流の旅に出ます。

静かに進むコンチキ号の周辺に現れる海の生物たち。筏の下を通り抜けるジンベイザメのシーンでは、まるで自分がそこにいるかのようにどきどきしました。