チャールズ・ダーウィン ビーグル号航海記

チャールズ・ダーウィン ビーグル号航海記

チャールズ・ダーウィン

ビーグル号航海記」は「種の起源」で進化論を唱えたチャールズ・ダーウィンが、その着想を得た世界一周の航海を記録したものです。岩波文庫で上中下の三巻に分かれています。

世界のあちこちを廻る船の上で、いろいろな生物と出会い、記録していく様が描かれています。「種の起源」は楽しく読める書物とは言えませんが、「ビーグル号航海記」はかなり読みやすい本です。

日本の近くに来たときの興味深い記録も残っています。