フリーエージェント社会の到来―「雇われない生き方」は何を変えるか

フリーエージェント社会の到来―「雇われない生き方」は何を変えるか
ダニエル ピンク

「フリーエージェント社会の到来―「雇われない生き方」は何を変えるか」の著者のダニエル・ピンクはアメリカのクリントン政権の下で、良い仕事についていましたが、「雇われ人」であることをやめる決心をします。

彼の描く「雇われない生き方」は実は何も特別なことではなく、また「雇われていることのリスク」にも気づかせてくれます。